76巻4号

技術論文

農業機械表示類における文字の実態と視認性

菊池 豊・瀬尾明彦・湯浅一康・宮本武緒・松田一郎・小林 恭・武田純一

 

 現状の農業機械の操作表示や注意ラベル804例の実態を調査した。その結果,一部に文字サイズが小さかったり,視認性の低い色の組み合わせで見づらい等要改善点が認められた。これらを参考に,機械の使用環境に近い照度で,配色や年齢によって判読可能な文字サイズ等を定量的に調査した。照度は薄暮から炎天下を想定して3段階,文字サンプル58種類を供試し20~80歳代の男女42名で調査した。その結果,判読可能な最小サイズの平均値は,照度が「中」・「高」で6~11ポイント,「低」で11~19ポイントであった。年齢層では,60歳未満は6~16ポイント,60歳以上は6~23ポイントであった。読みやすいサイズの平均値は,15~26ポイントであった。

キーワード: 操作表示,視認性,安全性,配色,照度,加齢,文字サイズ

暖地乾田直播圃場の漏水防止技術
――鎮圧ローラの開発と効果の検証――

深見公一郎・中野恵子・土屋史紀・田坂幸平・松尾直樹・三池輝幸・伊藤博幸・河原幸成・本部朗利

 

 九州北部地域の水稲乾田直播圃場における漏水防止を目的に,作業性と製作コストを考慮した3点リンク直装式かつローラ部にドラム缶を利用した鎮圧ローラ(荷重960 kg,作業幅2 m)を開発した。ロータリ耕起後の灰色低地土圃場において,本ローラ性能を評価した結果,鎮圧回数の増加に伴う作土層の孔隙率の減少と土壌貫入抵抗の増加を確認した。また,水の浸入能(ベーシックインテークレート:IB )と作土貫入抵抗(作土層における土壌貫入抵抗の平均値)との間には,有意な負の相関関係が成り立つことから,本ローラによる作土層の圧縮が透水性制御に寄与することが明らかになった。

キーワード: 水稲,乾田直播,鎮圧ローラ,漏水防止