75巻1号

研究論文

輪作における農業機械作業による間接投入エネルギーおよび間接CO2排出量の推定について
――按分法の提案と十勝畑輪作への適用──

荒木宏通・柴田洋一・王  欣・植田麻央・片岡 崇・岡本博史\

キーワード: 畑作4品,エネルギー,環境影響評価,LCA,輪作

 

 作物生産のためのLCA手法の確立に寄与することを目的とし,ブロックローテーション方式の輪作体系における農業機械作業による間接投入エネルギーおよび間接CO2排出量の各品目1作・1ha当たりの推定方法を提案した。本方法では,機械の汎用利用,耐用年数,自走式作業機と非自走式作業機の違い,作付品目の面積比率が考慮される。本方法を,北海道十勝地方のモデル農家に適用した結果,生産性や環境影響を評価するための基礎資料が得られた。

理化学特性と官能評価による飲用牛乳の食味評価

藤川咲子・川村周三

キーワード: 乳脂肪,色調L*値,均質化,識別能力,主成分分析

 

 市販流通している牛乳66銘柄,延べ84点の理化学特性の測定と官能評価を東京と札幌の2地域で行い,牛乳の成分や調整加工処理が牛乳の食味に与える影響を検討した。乳脂肪は色調L*値と有意な相関(r=0.90,p<0.001)が認められ,乳脂肪が低い牛乳は暗い色と評価される傾向が示された。官能評価の結果,牛乳の総合的なおいしさに関して,乳脂肪の低い牛乳を色調と香りが悪くてコクがなくおいしくないと判断することが示唆された。また,パネルは間接加熱によるUHT殺菌牛乳をおいしいと評価することが認められた。

技術論文

乾式メタン発酵を用いた組成の異なる都市ごみの処理(第1報)
――中温乾式メタン発酵特性──

中久保亮・小島陽一郎・岩渕和則・門間崇広・松田從三・近江谷和彦

キーワード: 生ごみ,紙ごみ,嫌気性発酵,中温メタン発酵,乾式メタン発酵

 

 生ごみおよび紙ごみの湿重量割合をRun A(60%,40%),Run B(68%,32%),Run C(82%,18%)に設定し,容量2Lの発酵槽を用いて37℃中温乾式メタン発酵試験を行った。投入VSあたりメタンガス収率は易分解性有機物を多く含有する生ごみの投入割合が高いRun Cで0.26L/gVS,Run AおよびRun Bで0.24L/gVSであった。平均メタンガス濃度はいずれの実験区においても57%であった。急激な発酵阻害が発生することのない限界投入有機物負荷は,いずれの実験区においても5gVS/(kg汚泥・day)であった。発酵阻害発生後,投入有機物負荷の低減によりRun B(C/N比39)では再度メタンガス収率が回復したことから,紙ごみによりC/N比を調整することで発酵阻害に対する強度を高め,より安定して発酵を行うことが可能だと考えられる。